グリーンセラピーで健康的な毎日を。

ガーデンセラピーについて

ウッドデッキパネルを使用したマンションベランダ(バルコニー)のリノベーション

 
この記事を書いている人 - WRITER -
グリーンセラピスト 三井 勇樹
グリーンセラピーでは、緑や花がすべての方に親しまれる環境づくりを行う事で、植物そのままが人間関係、病気、ストレス等の社会問題の緩衝材となるよう”緑のチカラ”を最大限に有効活用したいと考えています。
■保有資格■
・ガーデンセラピーコーディネーター1級
・2級エクステリアプランナー
・ライティングコーディネーター
・福祉住環境コーディネーター2級
・ブロック塀診断士
・愛犬家住宅コーディネーター

ちょっとしたアレンジでベランダ空間が変わります!!

マンションベランダの床はコンクリートに塗装をしただけの状態で
濡れると滑る使いづらい環境でもありました。

そこで今回床面に施工したのは・・・
ウッドパネル!!

デッキパネル、フロアデッキ、タイルデッキ、ジョイントデッキ、ジョイントタイル等
様々な呼び方をされる床材ですが、
施工が簡単で良くベランダやバルコニー、テラス等の狭小地で使用されます。

パネルを繋いで組み合わせていくだけで簡単に
ウッドデッキのようなきれいな床ができていきます。

マンションの上階や商業施設等、
資材の搬入が困難な場所には最適で短期間で施工も可能です。

デッキパネルを敷く仕事自体は、弊社スタッフ3名で約半日で作業を終えました。

デッドスペースとなっていた、端っこの壁面空間には木材加工した棚をつくりました。

壁には一切ビスや釘を打ち付けず工夫して設置しているので、賃貸物件においてのオリジナル造作も可能です。
手すり側にもプランターを置ける台を造作しました。

日光を受けやすくなり、屈まず作業ができるようになったので便利になりました。

子供たちも様変わりしたベランダの空間に大喜びでした!!
いつもスリッパを履いてベランダに出ていたのですが、
不思議なものでこのウッドパネルを敷いてからは裸足で出るようになりました。

その分毎回部屋に入る時に足を拭いてあげないといけなくなりましたが・・・(*^_^*)

プランターたちも床が引き締まる事で、引き立って見えるようになりました。

収納棚ができて小物を置ける場所もできたので、ベランダも広くなったような気がします。

ベランダもひとつの生活空間です。
特に子供たちにとっては格好の遊び場で学びの場でもあります。

ちょっとしたアレンジでベランダの空間も様変わりします。

ベランダ(バルコニー)、テラスにくつろぎの部屋を・・・
目の前にある空間を有効活用しましょう!!

ベランダガーデンはじめませんか!?

この記事を書いている人 - WRITER -
グリーンセラピスト 三井 勇樹
グリーンセラピーでは、緑や花がすべての方に親しまれる環境づくりを行う事で、植物そのままが人間関係、病気、ストレス等の社会問題の緩衝材となるよう”緑のチカラ”を最大限に有効活用したいと考えています。
■保有資格■
・ガーデンセラピーコーディネーター1級
・2級エクステリアプランナー
・ライティングコーディネーター
・福祉住環境コーディネーター2級
・ブロック塀診断士
・愛犬家住宅コーディネーター